FC2ブログ

世界各国から厳選された希少なビンテージカー・レストアされたコレクターズカーを、Garllery pageとしてお楽しみ頂けるように。 また、becolors HP 掲載前の車両、情報などを先行して発信して参ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんにちは !! 

今日は、久々の 『 Lancia  』 をお伝え致します

前回お伝え致しました車両のボディカラーが、「Lancia Stratos のカラーと言ったら・・・」 と言われてしまいました。

本日の 『 Delta 』 は、前回のブログに載せることができなかった、、「Lancia Stratos 」のボディーカラーの配色を使用したデザインのクルマになると思います 

今日は、久々の 『 Lancia Delta S4  』 は、 ランチアが世界ラリー選手権(WRC)のために製造したラリー用の競技車両で、形式名はZLA038ARO、デルタの名を冠するものの、シャーシは量販車のデルタとはまったく異なる専用設計となっています。

また形式名に、ランチアの800番台でもフィアットの100番台でもない、アバルトの開発コードSE038をそのまま使っていることも、ラリー専用の車両であることを表しています。

しかし、「連続した12ヶ月間で200台を生産しなければならない。ただし競技用の車両20台も含めていい。」というグループBの出場資格を得るため、市販車両(ストラダーレ)も製作されました。
また、エンジンは、フィアット製1,759ccの直列4気筒DOHCツインチャージャーエンジンをリアミッドシップに縦置きにしたものでしたが、今回ご紹介のクルマは、フィアットのエンジンではなく、『 フェラーリ・テスタロッサ用 』 を乗せているものです。

 『 Lancia Delta S4  』 

Lancia-Delta-S4-14.jpg

駆動方式は、1985年当時での最新テクノロジーと言える、ビスカスカップリングによるフルタイム4WDを採用していました。
この為、ヨーロッパ諸国での車名の呼び名上の「S4」は「ESSE Quattro:エッセ・クワットロ」とされてます。

Lancia-Delta-S4-15.jpg

エンジンは、フェラーリ・テスタロッサ用
180度V12 400HP

Lancia-Delta-S4-13.jpg

Lancia-Delta-S4-12.jpg

初期のエボリューションモデルには、デフロックのためのレバーが見うけられます。しかし、グループBの車両に対しての出力規制が甘かったためのドライバーやコドライバー、観客などの死も発生し、この車両も最終的にはドライバー、コドライバーの死を生み出してしまいました。

戦歴の一端をご紹介致します! 

 WRCでは1985年の最終戦RACラリーで、ヘンリ・トイヴォネンとマルク・アレンの1-2フィニッシュでデビューを飾る。
 1986年は1月の開幕戦ラリー・モンテカルロで優勝。
   1986年5月のツール・ド・コルスで、トップを快走していたヘンリ・トイヴォネンはSS18でコーナーにオーバースピードで
   進入しコースアウトを喫し崖から転落、マシンは炎につつまれ、彼はコ・ドライバーのセルジオ・クレストと共に帰らぬ人と
   なってしまいました。
   以前からワークス・チームの大事故が相次いでいたことから、グループBでの選手権争いは危険すぎるとして、1986年
   シーズンをもって終了することが決定した。
 しかし、8月のラリー・アルゼンチンで優勝。ミキ・ビアシオンにとってはWRC初勝利でもあった。





becolors HPの方には、『 Mustang Shelby Cobra 』 『 AC Cobra 』 『 Miura 』 
などの特集も掲載しております  ご興味のある方は、是非ご覧になって下さい 
  ロゴをクリック頂けましたら、上記車両にアクセスできます。

また、先日来お伝え致しております、国内で現車確認をして頂ける 『 C1 』 の 
詳細・多数映像を 『 becolors HP 』 内にアップしてありますので、是非ご覧ください 
                   クリック して下さい!!直接ページにアクセスして頂けます。


 こちらの車両に関しましては、お手元にお届けするまでの流れが、HPでご案内の海外ストックとは異なります。
     車両ストック場所は、東京都となります。C1ファンの方からのご連絡をお待ち致しております。
     なお、詳細につきましては、メールにてお尋ね頂けますよう、宜しくお願い致します
。    


また、『 Austin-Healey sprite Mark II 1962  』 につきましても、
詳細・その他映像は、becolors HP  にアップしてありますので、是非ご覧ください 
上記をクリックして頂きますと、 becolors HP 内の、国内在庫のページに直接アクセスできま~す 


こちらでご紹介している車両以外に、数多くのコレクターカーやビンテージカーを
『 becolors HP 』 『 becolors Automobile 』 にてご紹介しておりますので
是非、そちらものぞいてみて下さい。

becolors ブログにご興味を持って頂きましたら、是非 クリックをお願い致しま~~す

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




2010.11.10 / Top↑
こんにちは !! 

お店には、クリスマスのオーナメントなどが並ぶようになりましたね 
我が家のベランダのクリスマスローズも、つぼみが出てきました!
今年は、初めてお花が見ることができそうで、開花を今から心待ちにしています 

さて、本日のご紹介は、『 Pagani Zonda Cinque Roadster 』 をお伝え致します 

こちらのクルマは、限定生産5台のみのスペシャル・エディションです!!
AMGメルセデスから7.3 V12 のエンジンをフューチャーして作られたものです。

Pagani-Zonda-Cinque14.jpg

2009年
Carbon-Titaniumシャシー

Pagani-Zonda-Cinque12.jpg

シフト: 6段シーケンシャル
革コンビシート

Pagani-Zonda-Cinque11.jpg

678HP/575lb

Pagani-Zonda-Cinque-Roadste.jpg

パドルシフトトランスミッション
セラミック/マグネシウム合金をコーティングしたチタンエグゾーストシステム

CINQUE(チンクエ)  (パガーニゾンダ 最上位モデル)
5台限定で生産されたモデルで、カーボンやチタン、マグネシウムを使用して軽量化を図り、7.3Lエンジン(678 hp)を搭載しています。価格は、80万ユーロと大変高額にも関わらず完売  
そして、こちらの CINQUE Roadster(チンクエ・ロードスター)  は、CINQUEのロードスターバージョンで、2009年7月に発表され、同じく5台限定で生産されたものです。




becolors HPの方には、『 Mustang Shelby Cobra 』 『 AC Cobra 』 『 Miura 』 
などの特集も掲載しております  ご興味のある方は、是非ご覧になって下さい 
  ロゴをクリック頂けましたら、上記車両にアクセスできます。

また、先日来お伝え致しております、国内で現車確認をして頂ける 『 C1 』 の 
詳細・多数映像を 『 becolors HP 』 内にアップしてありますので、是非ご覧ください 
                   クリック して下さい!!直接ページにアクセスして頂けます。


 こちらの車両に関しましては、お手元にお届けするまでの流れが、HPでご案内の海外ストックとは異なります。
     車両ストック場所は、東京都となります。C1ファンの方からのご連絡をお待ち致しております。
     なお、詳細につきましては、メールにてお尋ね頂けますよう、宜しくお願い致します
。    


また、『 Austin-Healey sprite Mark II 1962  』 につきましても、
詳細・その他映像は、becolors HP  にアップしてありますので、是非ご覧ください 
上記をクリックして頂きますと、 becolors HP 内の、国内在庫のページに直接アクセスできま~す 


こちらでご紹介している車両以外に、数多くのコレクターカーやビンテージカーを
『 becolors HP 』 『 becolors Automobile 』 にてご紹介しておりますので
是非、そちらものぞいてみて下さい。

becolors ブログにご興味を持って頂きましたら、是非 クリックをお願い致しま~~す

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



2010.11.08 / Top↑
こんにちは !! 

とっても良いお天気が続いてくれていますね 

昨日は、毎月恒例の明治神宮に参拝に行って参りました!
パワースポットで有名な 『 清正の井 』 は、御苑と共に改修工事で8日までは
参拝ができなくなっていました。
また、神宮入口には、鉄骨が多数運び込まれていて、年末にかけての準備なのか??
バタバタとしており、参道に入って神宮境内の長閑な白無垢姿の新婦や、着物姿の女性たちとは
相対する光景となっていました。

さて、本日は、1940年代に遡って『 Alfa Romeo 6C 2500 』 を、ご紹介したいと思います 

1943年、ポルテッロ(Portello)にある本社工場が連合軍の3度にわたる空襲によって廃墟と化し、終戦後、オラツィオ・サッタの指揮によって自動車生産の立て直しが図られ、1947年、戦前の高級スポーツカー 「6C」 シリーズに改良を加えて生産を再開しました。

1947年には、『 6C 2500 』 を改良した『 フレッチア ドーロ(FRECCIA D'ORO:金の矢)』 が登場
このフレッチア ドーロ以外にもピニンファリーナやトゥリングなどのカロッツェリアが華麗なボディを架装した
 6C 2500 スポルト、ツーリスモ 』 などが、1952年まで生産されました。
戦前のアルファ ロメオは少量生産の高性能車メーカーでしたが、戦後の 『 6C 2500 』 はその路線の最後を飾る車となりました。

 『 Alfa Romeo 6C 2500 』 
 
Alfa-Romeo-6C-21.jpg

1949年
SS カブリオレ

Alfa-Romeo-6C-22.jpg

Alfa-Romeo-6C-23.jpg

Alfa-Romeo-6C-24.jpg

Alfa-Romeo-6C-26.jpg

塗装、ソフトトップ、ステアリングホイール以外、レストアなしの完全オリジナルです。 


また、今回のご紹介のクルマは 『 SS 』 となりますが、有名な 『 6C2500 Villa D'Este 』 の映像を
一緒にウイキよりお借りし  します。
 
600px-Alfa_Villa_d_Este.jpg

カロッツェリア・トゥーリングの手になる美しいボディをまとった『 6C2500 』は、ヴィラ・デステのコンクール・デレガンスで優勝し、世界一優美な車として賞賛されました。
これを記念して、このタイプは 『 6C2500 Villa D'Este(ヴィラ・デステ) 』 と呼ばれています。




becolors HPの方には、『 Mustang Shelby Cobra 』 『 AC Cobra 』 『 Miura 』 
などの特集も掲載しております  ご興味のある方は、是非ご覧になって下さい 
  ロゴをクリック頂けましたら、上記車両にアクセスできます。

また、先日来お伝え致しております、国内で現車確認をして頂ける 『 C1 』 の 
詳細・多数映像を 『 becolors HP 』 内にアップしてありますので、是非ご覧ください 
                   クリック して下さい!!直接ページにアクセスして頂けます。


 こちらの車両に関しましては、お手元にお届けするまでの流れが、HPでご案内の海外ストックとは異なります。
     車両ストック場所は、東京都となります。C1ファンの方からのご連絡をお待ち致しております。
     なお、詳細につきましては、メールにてお尋ね頂けますよう、宜しくお願い致します
。    


また、『 Austin-Healey sprite Mark II 1962  』 につきましても、
詳細・その他映像は、becolors HP  にアップしてありますので、是非ご覧ください 
上記をクリックして頂きますと、 becolors HP 内の、国内在庫のページに直接アクセスできま~す 


こちらでご紹介している車両以外に、数多くのコレクターカーやビンテージカーを
『 becolors HP 』 『 becolors Automobile 』 にてご紹介しておりますので
是非、そちらものぞいてみて下さい。

becolors ブログにご興味を持って頂きましたら、是非 クリックをお願い致しま~~す

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



2010.11.06 / Top↑
こんにちは !! 

今日は、久しぶりのメルセデスです!
何といっても ガルウィングドア が特徴の2シーター・スポーツクーペです 
ダイムラー・ベンツによる社内コードはW198。
公道仕様の1954年版は成功した1952年のレース専用車W194(キャブレター仕様のため馬力は低い)をベースにしています。

 300SL 』 は、その特有のガルウイング形状のドアと世界初のガソリン直噴エンジン搭載車として
最もよく知られています。

ガルウイングドアを採用した理由は、伝えられるところによれば、軽量化と強度確保を両立させる目的で鋼管スペースフレームを採用したため、通常の車におけるドア下半分に相当する部分にフレームが来てしまい、開口部の「敷居」にあたる部分が異様に高くならざるを得なく、しかも車高が低かったため、通常の車のようなドアでは開口部が小さくなりすぎて乗り降りできず、乗降性確保のためにやむを得ずこの方式とした、といわれています。

 『 Mercedes Benz 300SL  』 

Mercedes-Benz-300SL11.jpg

1956年

Mercedes-Benz-300SL16.jpg

ガルウイング方式 は(当時の技術では)、窓の開閉ができないという欠点があり、室内はエンジンの発する熱が入り込んでかなり暑くなってしまう。
リアウインドウに排熱用の機構があるが、あまり機能しなかったり、当時はカーエアコンを自家用車に搭載するという考えもほとんどなかった時代でしたが、このドアを上げた姿は、とても美しく、その欠点には代えがたい魅力を感じますよね 

Mercedes-Benz-300SL14.jpg

Mercedes-Benz-300SL-Silver1.jpg

レッドレザーインテリア
 300SL 』 のシルバーのロゴが確認できます。

Mercedes-Benz-300SL15.jpg

3.0Lの直列6気筒SOHCエンジンを搭載し、115psまたは240ps
300SL の「SL」は「Sport Leicht」(英語のSport Light)の略で軽量スポーツカー

 300SL のレースにおける経歴は、Berne, ニュルブルクリンク1000km、1952年のメキシコのカレラパンアメリカ総合優勝があります。
1952年の最初に参加したレース、ミッレ・ミリアでは2位と4位を獲得しました。
エンジン出力がキャブレターにより175psしかなく、フェラーリ、ジャガーおよびそれより遅いクルマよりも低い馬力しかなかったのにも関わらず高速なレースでの成功は驚くべきものでしたが、軽量で空気抵抗が低いシャーシにより他車と同じスピードに達し、優れた信頼性により勝者となりました。
そして、この年の ル・マン24時間耐久レースをフェラーリ、ジャガーを抑えて制覇したのです。  

Mercedes-Benz-300SL18.jpg

優雅な曲線の、後姿もさすが!!と感じます 
ガルウィングが特徴的なクーペモデルは1955年3月から1957年まで生産され、以後はロードスターモデルに移行しました。
さらに、1956年からは300SLの廉価版とも言うべき190SLが発売され、この190SLは300SLよりも商業的な成功を収め、
その生産台数は2万5881台に達したのです!




becolors HPの方には、『 Mustang Shelby Cobra 』 『 AC Cobra 』 『 Miura 』 
などの特集も掲載しております  ご興味のある方は、是非ご覧になって下さい 
  ロゴをクリック頂けましたら、上記車両にアクセスできます。

また、先日来お伝え致しております、国内で現車確認をして頂ける 『 C1 』 の 
詳細・多数映像を 『 becolors HP 』 内にアップしてありますので、是非ご覧ください 
                   クリック して下さい!!直接ページにアクセスして頂けます。


 こちらの車両に関しましては、お手元にお届けするまでの流れが、HPでご案内の海外ストックとは異なります。
     車両ストック場所は、東京都となります。C1ファンの方からのご連絡をお待ち致しております。
     なお、詳細につきましては、メールにてお尋ね頂けますよう、宜しくお願い致します
。    


また、『 Austin-Healey sprite Mark II 1962  』 につきましても、
詳細・その他映像は、becolors HP  にアップしてありますので、是非ご覧ください 
上記をクリックして頂きますと、 becolors HP 内の、国内在庫のページに直接アクセスできま~す 


こちらでご紹介している車両以外に、数多くのコレクターカーやビンテージカーを
『 becolors HP 』 『 becolors Automobile 』 にてご紹介しておりますので
是非、そちらものぞいてみて下さい。

becolors ブログにご興味を持って頂きましたら、是非 クリックをお願い致しま~~す

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



2010.11.04 / Top↑
こんにちは!! 

文化の日の今日は、とても良いお天気になりましたね 
抜けるような青空は、久しぶりですよね 

今日は、先日「クラシック ル・マン」の YOU TUBU を見る機会があり視聴回数を見ると、
興味を抱いている方々がたくさんいらして、こちらでも紹介をしようと思い、
『 Cooper Climax 』 をお伝え致します 

クーパー(Cooper Car Company ) は、かつて存在したイギリスのレーシングカーコンストラクターで、
F1の1959年、1960年度コンストラクターズチャンピオン、F2、F3などの下部カテゴリーでも好成績を収めました。

1946年、チャーリー・クーパーと息子ジョン・クーパーがサリーのサービトンでレーシングカー製造工場を開業し、
第二次世界大戦後の物資難のため、中古の車体や軍のジャンクパーツを流用しておりました。
オートバイ用のJAPエンジンをミッドシップ式に搭載したクーパー500は、入門カテゴリーのフォーミュラ500(後のF3)で
ベストセラーとなり、スターリング・モスら若きドライバーに愛用されました。

クーパーの功績  は、何といっても当時のF1では(FR)方式が主流を占めていた時代に、クーパーの活躍により、
地殻変動のごとくミッドシップ化が進行したことです。

そして、所属ドライバーが独立して創設したブラバムマクラーレン、ドライバー以外でも、クーパーのF2チームを指揮し、一時期F1チームの監督代行も務めていたケン・ティレルが独立してティレルを興した。マクラーレンの総帥ロン・デニスも、もとはクーパーのメカニックとしてレース界に入った人物で、人材の輩出 の功績にも目を見張るものがあります。

本日ご紹介のクルマは、『 Cooper Climax T45  』 で、コヴェントリー・クライマックス(Coventry Climax) のエンジンを搭載した 『 F1 CAR 』 です。

Cooper-Climax-11.jpg

1958年

Cooper-Climax-12.jpg

HGPCA 2リッターレース向けで、エンジンメンテナンス済みです。

Cooper-Climax-13.jpg

イギリスとNZでレース歴あり、スペアパーツもあります。

Cooper-Climax-14.jpg

少し、コヴェントリー・クライマックス(Coventry Climax) について、書きますね。 
クライマックス社のFWAエンジンは、1956年に当時のF2に適した排気量を持つFWB(1460cc/6000回転/100馬力)
というエンジンに拡大されてクーパーのシャーシに搭載され、ロイ・サルバドリのドライビングにより大活躍する事となりました。

1957年にFWBと2,000ccにスケールアップされたFPFをクーパーに供給してF1参戦開始。
1958年にはFPFエンジンの排気量は2,200ccまで拡大され、194馬力/6,250回転の出力を発生。
これでも2,500ccエンジンに比べると非力な感は否めなかったのですが、ミッドシップにクライマックスエンジンを
搭載したクーパーは十分な戦闘力を発揮しました。

1959年にはシリンダーブロックが設計しなおされて2,500ccのFPFエンジンが開発され、240馬力/6,750回転の出力を発生。
依然としてフェラーリなどのイタリア勢には及ばなかったが、この新エンジンはクーパーのほかにロータスにも供給され、
クーパー・クライマックスをドライブしたジャック・ブラバムが1959年と1960年の2年連続でチャンピオンを獲得しました。



becolors HPの方には、『 Mustang Shelby Cobra 』 『 AC Cobra 』 『 Miura 』 
などの特集も掲載しております  ご興味のある方は、是非ご覧になって下さい 
  ロゴをクリック頂けましたら、上記車両にアクセスできます。

また、先日来お伝え致しております、国内で現車確認をして頂ける 『 C1 』 の 
詳細・多数映像を 『 becolors HP 』 内にアップしてありますので、是非ご覧ください 
                   クリック して下さい!!直接ページにアクセスして頂けます。


 こちらの車両に関しましては、お手元にお届けするまでの流れが、HPでご案内の海外ストックとは異なります。
     車両ストック場所は、東京都となります。C1ファンの方からのご連絡をお待ち致しております。
     なお、詳細につきましては、メールにてお尋ね頂けますよう、宜しくお願い致します
。    


また、『 Austin-Healey sprite Mark II 1962  』 につきましても、
詳細・その他映像は、becolors HP  にアップしてありますので、是非ご覧ください 
上記をクリックして頂きますと、 becolors HP 内の、国内在庫のページに直接アクセスできま~す 


こちらでご紹介している車両以外に、数多くのコレクターカーやビンテージカーを
『 becolors HP 』 『 becolors Automobile 』 にてご紹介しておりますので
是非、そちらものぞいてみて下さい。

becolors ブログにご興味を持って頂きましたら、是非 クリックをお願い致しま~~す

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



2010.11.03 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。