FC2ブログ

世界各国から厳選された希少なビンテージカー・レストアされたコレクターズカーを、Garllery pageとしてお楽しみ頂けるように。 また、becolors HP 掲載前の車両、情報などを先行して発信して参ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんにちは !!

めっきり涼しくなり、ようやく秋らしい天候になりましたね 
昨日、やっと衣替えを致しました

本日ご紹介の車両は、『 Fiat 131 Abarth 』 です 
ラリーカーのレプリカとなります。

131 アバルト・ラリー」は、既にフィアットのモータースポーツ部門となっていたアバルトによって開発され、
オーバーフェンダー、ボンネット、トランクリッドがFRPで、またドアの外パネルがアルミで軽量化、
後輪サスペンションも専用設計の独立式マクファーソン・ストラットが与えられ、
Kugelfischer(クーゲルフィッシャー)製の機械式燃料噴射付きで215馬力以上を発揮しました。

初期型スポーツモデルの「131 アバルト・ラリー」は、WRC(世界ラリー選手権)で活躍、マルク・アレン、ティモ・サロネン、
ウォルター・ロワールが1977年・1978年・1980年にそれぞれワールドチャンピオンになりました!


Fiat-131-Abarth-6.jpg

1980年の車両です。

中期型(シリーズ2・1978年-1980年)
124時代の「スペシャルT」以来途絶えていたDOHCエンジン車が本国でも「スーパーミラフィオーリ」(4ドア)、
「レーシング」(2ドア)の名前で復活しました。
スーパーミラフィオーリのDOHCエンジンは1,301cc 78馬力または1,585cc 96馬力であったのに対し、
レーシングは1,995cc 115馬力を搭載、大小2つの丸型ヘッドライトを持つ専用グリル・オーバーフェンダー、
5速ギアボックスを装備し、最高速度は180km/hに達しました。

Fiat-131-Abarth-7.jpg

2000T/C
ウェバー DCOE40
Abarth グレード4 ボディーキット

Fiat-131-Abarth-8.jpg

Fiat-131-Abarth-4.jpg

 131 』 は、1974年から1984年まで生産した小型乗用車で、多くのモデルにはトリノ近郊にある 『 131 』の
生産工場所在地に因んで「ミラフィオーリ」というサブネームが付けられていたそうです。



becolors HPの方には、『 Mustang Shelby Cobra 』 『 AC Cobra 』 『 Miura 』 
などの特集も掲載しております  ご興味のある方は、是非ご覧になって下さい 
  ロゴをクリック頂けましたら、上記車両にアクセスできます。

また、先日来お伝え致しております、国内で現車確認をして頂ける 『 C1 』 の 
詳細・多数映像を 『 becolors HP 』 内にアップしてありますので、是非ご覧ください 
                   クリック して下さい!!直接ページにアクセスして頂けます。


 こちらの車両に関しましては、お手元にお届けするまでの流れが、HPでご案内の海外ストックとは異なります。
     車両ストック場所は、東京都となります。C1ファンの方からのご連絡をお待ち致しております。
     なお、詳細につきましては、メールにてお尋ね頂けますよう、宜しくお願い致します
。    


また、『 Austin-Healey sprite Mark II 1962  』 につきましても、
詳細・その他映像は、becolors HP  にアップしてありますので、是非ご覧ください 
上記をクリックして頂きますと、 becolors HP 内の、国内在庫のページに直接アクセスできま~す 


こちらでご紹介している車両以外に、数多くのコレクターカーやビンテージカーを
『 becolors HP 』 『 becolors Automobile 』 にてご紹介しておりますので
是非、そちらものぞいてみて下さい。

becolors ブログにご興味を持って頂きましたら、是非 クリックをお願い致しま~~す

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

   

スポンサーサイト
2010.09.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://becolors.blog98.fc2.com/tb.php/96-88130e5a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。