FC2ブログ

世界各国から厳選された希少なビンテージカー・レストアされたコレクターズカーを、Garllery pageとしてお楽しみ頂けるように。 また、becolors HP 掲載前の車両、情報などを先行して発信して参ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんにちは !! 

今日は、 『 Oldsmobile 』 のご紹介です 

ブランド名は創始者で 『アメリカの自動車の天才』 といわれるランサム・E・オールズが、
オールズ・モーター・ビークル・カンパニー』 (Olds Motor Vehicle Company, Inc., ) を、
1897年ミシガン州ランシングに創立、四輪自動車の生産を開始し、『 オールズモビル 』 が誕生しました。
この年すでに4人乗りを作っていたのです。 
今から100年以上も前に、既にこのような自動車メーカーが存在したことに、当時の日本では考えられなかったことだと
思います。

そのころの日本は、年号は明治。明治30年となります。
日清戦争が終わり、下関条約が結ばれ、また、金本位制が施行され、官営八幡製鉄所が造営(明治34年(1901年)開設)
されたという時代でした。

それから、たった4年後の1901年には、オールズは、ダッシュボードが美しいカーブを描いている 
『カーブドダッシュ』 オールズモビルの生産を始め、同年、アセンブリーライン利用による初の大量生産も始めました。

40年余りの時間が流れ、1940年代から1960年代のアメリカ車の黄金期にかけては、ビュイックやポンティアックと
共通のシャシーやエンジンを多用しつつも、デザイン的にも機能的にもGMの中でも試験的な要素を積極に取り入れ、
走る実験室」と言われるほどに、新技術を最初に搭載するブランドとしても知られていくようになっていきました。

そして、本日ご紹介する車両は 『 Oldsmobile 442 』 となります 

『 442  』 は、、『 4バレル・4スピード・2(デュアル)エキゾースト 』 から4-4-2と呼ばれた
ハイパフォーマンスモデルです!!

Oldsmobile-442-11.jpg

1971年の車両です。
再塗装され、そのほか外装・内装も新しいものに交換されている個所が多数あります。

Oldsmobile-442-33.jpg

エンジン 7550cc
AT
400 トランスミッション
エンジンリビルト
ラジエターリビルト

ポンティアック・GTOと共に1960年代からのマッスルカー黄金期を支えたクルマです。



becolors HPの方には、『 Mustang Shelby Cobra 』 『 AC Cobra 』 『 Miura 』 
などの特集も掲載しております  ご興味のある方は、是非ご覧になって下さい 
  ロゴをクリック頂けましたら、上記車両にアクセスできます。

また、先日来お伝え致しております、国内で現車確認をして頂ける 『 C1 』 の 
詳細・多数映像を 『 becolors HP 』 内にアップしてありますので、是非ご覧ください 
                   クリック して下さい!!直接ページにアクセスして頂けます。


 こちらの車両に関しましては、お手元にお届けするまでの流れが、HPでご案内の海外ストックとは異なります。
     車両ストック場所は、東京都となります。C1ファンの方からのご連絡をお待ち致しております。
     なお、詳細につきましては、メールにてお尋ね頂けますよう、宜しくお願い致します
。    


また、『 Austin-Healey sprite Mark II 1962  』 につきましても、
詳細・その他映像は、becolors HP  にアップしてありますので、是非ご覧ください 
上記をクリックして頂きますと、 becolors HP 内の、国内在庫のページに直接アクセスできま~す 


こちらでご紹介している車両以外に、数多くのコレクターカーやビンテージカーを
『 becolors HP 』 『 becolors Automobile 』 にてご紹介しておりますので
是非、そちらものぞいてみて下さい。

becolors ブログにご興味を持って頂きましたら、是非 クリックをお願い致しま~~す

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

   

スポンサーサイト
2010.09.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://becolors.blog98.fc2.com/tb.php/88-4ece23e4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。