FC2ブログ

世界各国から厳選された希少なビンテージカー・レストアされたコレクターズカーを、Garllery pageとしてお楽しみ頂けるように。 また、becolors HP 掲載前の車両、情報などを先行して発信して参ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんにちは !! 

今日は、大変希少なクルマのご紹介をします 

1958年頃から、フランスのカロシェ(ボディ架装工房、イタリアに於けるカロッツェリアと同義)であるアンリ・シャプロン等が、
DSをベースにした豪奢なオープンモデル、デカポタブル Décapotable――コンバーティブルを注文生産するようになり、
シャプロンの架装したデカポタブル・ボディは、フラミニオ・ベルトーニのオリジナルDSデザインの美点を巧みに生かした
秀逸なものでした。
長大なボディ・ホイールベースはそのままに客室部を縮め、僅か2+2の座席を合わせた贅沢なレイアウトは、
第二次大戦と戦後の高級車への禁止税的税制によって軒並み壊滅した往年のフランス車、すなわちブガッティ、
ドライエ、ドラージュ、ヴォワザン、サルムソン、タルボ等々を彷彿とさせ、非常に魅力あるスタイルでした。
シャプロンは戦前、フランス製高級車のボディ架装を多く手がけた名門カロシェです。

高級車メーカーが過去のものとなった1950年代後半のフランス自動車界では、量産車とは別格なステータスのある
国産高級車は唯一、クライスラーV8エンジンを搭載したモンスター的豪華車ファセル・ヴェガしか存在しませんでした。
(そのファセルも1964年には倒産)。故にDSデカポタブルはフランスの上流層から歓迎されました。

当初シトロエンの正規モデルではなかったものの、ほどなくその好評ぶりに対応するかたちで、
1960年には正式なカタログモデルとなりました。
 DS21 』 に移行した後も、後継車となるマセラティV型6気筒エンジン搭載の高級クーペ「シトロエンSM」が
発売された直後の1971年まで、合計1,375台が限定生産され、価格は通常型DSの2倍という超高額なものでした。

私共に入ってきている資料が少なすぎて、正しくこれがその 『 デカポタブル Décapotable 』 という印字がなく
確かめようがないのですが、恐らくその 『 DS 21 Décapotable 』 と思い、ご紹介させて頂きます 

CITROEN DS 21-2

CITROEN DS 21-1




becolors HPの方には、『 Mustang Shelby Cobra 』 『 AC Cobra 』 『 Miura 』 
などの特集も掲載しております  ご興味のある方は、是非ご覧になって下さい 
  ロゴをクリック頂けましたら、上記車両にアクセスできます。

また、先日来お伝え致しております、国内で現車確認をして頂ける 『 C1 』 の 
詳細・多数映像を 『 becolors HP 』 内にアップしてありますので、是非ご覧ください 
                   クリック して下さい!!直接ページにアクセスして頂けます。


 こちらの車両に関しましては、お手元にお届けするまでの流れが、HPでご案内の海外ストックとは異なります。
     車両ストック場所は、東京都となります。C1ファンの方からのご連絡をお待ち致しております。
     なお、詳細につきましては、メールにてお尋ね頂けますよう、宜しくお願い致します
。    


また、『 Austin-Healey sprite Mark II 1962  』 につきましても、
詳細・その他映像は、becolors HP  にアップしてありますので、是非ご覧ください 
上記をクリックして頂きますと、 becolors HP 内の、国内在庫のページに直接アクセスできま~す 


こちらでご紹介している車両以外に、数多くのコレクターカーやビンテージカーを
『 becolors HP 』 『 becolors Automobile 』 にてご紹介しておりますので
是非、そちらものぞいてみて下さい。

becolors ブログにご興味を持って頂きましたら、是非 クリックをお願い致しま~~す

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

スポンサーサイト
2010.10.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://becolors.blog98.fc2.com/tb.php/110-928609a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。