FC2ブログ

世界各国から厳選された希少なビンテージカー・レストアされたコレクターズカーを、Garllery pageとしてお楽しみ頂けるように。 また、becolors HP 掲載前の車両、情報などを先行して発信して参ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんにちは !!


今日は、オークション会場に来ています。
夕方まで、ずっと座っているのが苦痛です

本日、ご紹介のクルマは 『 LOTUS EUROPA 46 RACING 』 

ロータスとしては初のミドシップにエンジンを搭載したロードカーで、それまで生産して来たロータス・セブンの
後を継ぐモデルとして企画され、軽量かつできる限り廉価であることを目標にして開発クルマです。

1966年より、タイプナンバー46、通称シリーズ1と呼ばれた最初期型ヨーロッパを販売を開始し、
本日ご紹介の車両は、1967年のものとなります。

販売当初より、全てのヨーロッパに共通して言える特徴を備え、エラン譲りの強靭な逆Y字型バックボーンフレームを有し、
繊維強化プラスチック (FRP) 製の軽量ボディを架装しておりました。


LOTUS EUROPA 46 RACING2

レースカーとして67年に納車

LOTUS EUROPA 46 RACING1

LOTUS EUROPA 46 RACING4

エンジンは、シリーズ1では、直列4気筒OHV 1470cc・直列4気筒DOHC 1558cc の二種
パワートレイン関係は、全てルノー・16からの流用で、ルノーの手によって行われたエンジンチューン以外は
完全な吊るしの状態で搭載されていました。
コストダウンとの兼ね合いもあったようですが、このガソリンエンジンは、ウエットライナー構造で、アルミ合金製。
水冷式直列4気筒OHVエンジンは、排気量1.5リッターで、圧縮比の向上やハイカムなどによって、82馬力でした。

本日ご紹介しておりますクルマは、ルノー Gordini 1600cc/ 158hp を搭載しております

LOTUS EUROPA 46 RACING5

スペアパーツもたくさん保存しているようです。

LOTUS EUROPA 46 RACING3

レースヒストリーを含むログブックも保管されています。



becolors HPの方には、『 Mustang Shelby Cobra 』 『 AC Cobra 』 『 Miura 』 
などの特集も掲載しております  ご興味のある方は、是非ご覧になって下さい 
  ロゴをクリック頂けましたら、上記車両にアクセスできます。

また、先日来お伝え致しております、国内で現車確認をして頂ける 『 C1 』 の 
詳細・多数映像を 『 becolors HP 』 内にアップしてありますので、是非ご覧ください 
                   クリック して下さい!!直接ページにアクセスして頂けます。


 こちらの車両に関しましては、お手元にお届けするまでの流れが、HPでご案内の海外ストックとは異なります。
     車両ストック場所は、東京都となります。C1ファンの方からのご連絡をお待ち致しております。
     なお、詳細につきましては、メールにてお尋ね頂けますよう、宜しくお願い致します
。    


また、『 Austin-Healey sprite Mark II 1962  』 につきましても、
詳細・その他映像は、becolors HP  にアップしてありますので、是非ご覧ください 
上記をクリックして頂きますと、 becolors HP 内の、国内在庫のページに直接アクセスできま~す 


こちらでご紹介している車両以外に、数多くのコレクターカーやビンテージカーを
『 becolors HP 』 『 becolors Automobile 』 にてご紹介しておりますので
是非、そちらものぞいてみて下さい。

becolors ブログにご興味を持って頂きましたら、是非 クリックをお願い致しま~~す

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

スポンサーサイト
2010.10.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://becolors.blog98.fc2.com/tb.php/108-af35555d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。