FC2ブログ

世界各国から厳選された希少なビンテージカー・レストアされたコレクターズカーを、Garllery pageとしてお楽しみ頂けるように。 また、becolors HP 掲載前の車両、情報などを先行して発信して参ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんにちは !! 

少しお休みしてしまった間に、すっかりと季節が変わってしまいましたね。
私はこの寒さで、更にヒートテックの買いだめをしてしまいました!

草花達も急な季節に対応できないようで、ベランダではまだ朝顔がお花をつけている次第で
今年の異常な天候は、きっと生物の生態にも異常をきたしているのでしょうね


本日は、becolors HP の国内在庫でもご紹介しております、『 C1 』 です 

カスタマイズされた車両で、フロントのエンブレムがなく、サイドのカラーもボディ全体と同系色となっているクルマです。


コルベットは、1953年にプロトタイプが披露され、翌年に生産を開始しました。
初期のC1型コルベットは、純粋なスポーツカーというより、スポーツカーと先進的イメージを押し出した
“雰囲気車”のような感は否めないもので、スチール製バックボーンフレームに、量産車としては初めてとなる
FRPボディパネルを貼り付けた、ヨーロッパ車顔負けの先進的な特徴を有していながら、最高出力150馬力と
貧弱な3,859ccの排気量を持つ水冷直列6気筒OHVエンジン、2速ATなど、少なくとも本質的な走りを重視する人々の
琴線を刺激するだけの魅力は持ち合わせていませんでした。

更に、厳密な品質が確立されていなかった時代のため、品質不足で購入者からの苦情も殺到する事態となりました。
しかし、チューニングをする者たちは、優れた車体特徴を備えたコルベットを見放しませんでした。
彼らは市場の不満の声に応えるかのごとく、エンジン・チューニングキットや、マニュアルミッションへの交換などを請け負い、潜在的な需要を満たしていきました。

そして、後にコルベットの評価を一転させるマイナーチェンジが行われました。
GM実験部門に所属していたエンジニア、ゾーラ・アンカス・ダントフ により、
シボレー・セダン用の4,343cc水冷V8 OHVエンジンを専用にチューンを施し、
コルベットのエンジンルームに押し込むことにより、大幅なパワーアップを達成したのです 

本日ご紹介するコルベットは、1957年の8気筒を乗せたカスタムモデルのクルマとなります。

、『 CHEVROLET CORVETTE  C1 』 

CORVETTE11.jpg

1957年

CORVETTE15.jpg


CORVETTE13.jpg

CORVETTE12.jpg

350Chev/リビルト 350ターボ オート トランス

CORVETTE14.jpg

17"アメリカン レーシング ホィール

その他、多数改造を施した車両となります。




becolors HPの方には、『 Mustang Shelby Cobra 』 『 AC Cobra 』 『 Miura 』 
などの特集も掲載しております  ご興味のある方は、是非ご覧になって下さい 
  ロゴをクリック頂けましたら、上記車両にアクセスできます。

また、先日来お伝え致しております、国内で現車確認をして頂ける 『 C1 』 の 
詳細・多数映像を 『 becolors HP 』 内にアップしてありますので、是非ご覧ください 
                   クリック して下さい!!直接ページにアクセスして頂けます。


 こちらの車両に関しましては、お手元にお届けするまでの流れが、HPでご案内の海外ストックとは異なります。
     車両ストック場所は、東京都となります。C1ファンの方からのご連絡をお待ち致しております。
     なお、詳細につきましては、メールにてお尋ね頂けますよう、宜しくお願い致します
。    


また、『 Austin-Healey sprite Mark II 1962  』 につきましても、
詳細・その他映像は、becolors HP  にアップしてありますので、是非ご覧ください 
上記をクリックして頂きますと、 becolors HP 内の、国内在庫のページに直接アクセスできま~す 


こちらでご紹介している車両以外に、数多くのコレクターカーやビンテージカーを
『 becolors HP 』 『 becolors Automobile 』 にてご紹介しておりますので
是非、そちらものぞいてみて下さい。

becolors ブログにご興味を持って頂きましたら、是非 クリックをお願い致しま~~す

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
2010.10.29 / Top↑
こんにちは !! 

今日は、うれしい方に天気予報が外れてくれましたね 
季節の変わり目で、身体に変調が出てきて・・・
カピカピ、カサカサ、カユカユ・・・・
潤いが欲しい季節になってきました。

本日は、 『 Chevrolet CAMARO Race Car 』 のご紹介です 

初代カマロは1967年に発売され、GM Fボディ プラットフォームを用いられ、駆動は全てFR
エンジンは直列6気筒もしくはV型8気筒で、排気量は3.8Lから7.0L
1967年に販売されたモデルのみ三角窓を装備

そして、このクルマは、タルガ用レースカーです !! 

『 タルガ・フローリオ(Targa Florio) 』 は、、1906年から1977年にかけてイタリアシチリア島で行われた
公道自動車レースで、国際的なスポーツカーレース大会としては最も歴史が古く、2度の中断期間を挟んで
計61回開催されました。

今回ご紹介のカマロは1968年製ですが、因みに1968年に 『 タルガ・フローリオ(Targa Florio) 』 を制したのは、
ヴィック・エルフォード、ウンベルト・マリオーリの 『 ポルシェ・907-8 』 で、720km(72×10)の周回コースを
6時間28分47秒9の記録で優勝しました!!

では、『 Chevrolet CAMARO Race Car 』 に参りましょう 

Chevrolet-CAMARO-Race-car1.jpg

1968年の車両です。

Chevrolet-CAMARO-Race-car3.jpg

アメリカンレーシング17インチホイール

Chevrolet-CAMARO-Race-car5.jpg

4MT
アロイヘッド, スーパー T10 4SPD,

Chevrolet-CAMARO-Race-car2.jpg

Wilwoods F & R

Chevrolet-CAMARO-Race-car11.jpg

V8 427ci 600hp

Chevrolet-CAMARO-Race-car6.jpg

Tiltonペダルボックス
ヒートエクスチェンジャー, ロールケージほか

Chevrolet-CAMARO-Race-car4.jpg

4ステージドライサンプ, 12ボルト Poso

Chevrolet-CAMARO-Race-car7.jpg

ぞくぞくしちゃう方もたくさんいらっしゃるのではないか????と思います 



becolors HPの方には、『 Mustang Shelby Cobra 』 『 AC Cobra 』 『 Miura 』 
などの特集も掲載しております  ご興味のある方は、是非ご覧になって下さい 
  ロゴをクリック頂けましたら、上記車両にアクセスできます。

また、先日来お伝え致しております、国内で現車確認をして頂ける 『 C1 』 の 
詳細・多数映像を 『 becolors HP 』 内にアップしてありますので、是非ご覧ください 
                   クリック して下さい!!直接ページにアクセスして頂けます。


 こちらの車両に関しましては、お手元にお届けするまでの流れが、HPでご案内の海外ストックとは異なります。
     車両ストック場所は、東京都となります。C1ファンの方からのご連絡をお待ち致しております。
     なお、詳細につきましては、メールにてお尋ね頂けますよう、宜しくお願い致します
。    


また、『 Austin-Healey sprite Mark II 1962  』 につきましても、
詳細・その他映像は、becolors HP  にアップしてありますので、是非ご覧ください 
上記をクリックして頂きますと、 becolors HP 内の、国内在庫のページに直接アクセスできま~す 


こちらでご紹介している車両以外に、数多くのコレクターカーやビンテージカーを
『 becolors HP 』 『 becolors Automobile 』 にてご紹介しておりますので
是非、そちらものぞいてみて下さい。

becolors ブログにご興味を持って頂きましたら、是非 クリックをお願い致しま~~す

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

   

2010.10.03 / Top↑
こんにちは !! 

今日は、また強烈な暑さが戻っ出きましたね 

昨日・今日と2日間催される、横田基地でのカーニバルに因み、本日はアメ車のご紹介です 

私も、夜の花火は見に行こうかなあ~~~と思っているところです 
また、会場内で軍の方たちの生ライブもとてもカッコよく、聞き入ってしまいます 

本日のご紹介車両は、テールランプが2個なので、『 ベル・エア 』 では?と思い、資料をひっくり返し読み返したのですが、
書かれているタイトルが 『 Chevrolet IMPALA/BELAIR 』 となっておりましたので、そのままでお伝え致します。
エンスーの方、ご容赦くださいね 

では、『 Chevrolet IMPALA/BELAIR 1960 』 に参ります 

Chevrolet-IMPALA-1960-11.jpg

1960年の車両です。

1959年から、インパラは2ドアのみではなく「4ドア・ピラーレス・ハードトップ」「4ドア・セダン」の生産も開始し、
これでインパラは、シボレーの最上級フルサイズとなり、最上級フルサイズが「ベルエア」から「インパラ」に変更されました。

Chevrolet-IMPALA-1960-12.jpg

Chevrolet-IMPALA-1960-13.jpg

Chevrolet-IMPALA-1960-15.jpg

AT

Chevrolet-IMPALA-1960-16-1.jpg

Chevrolet-IMPALA-1960-14.jpg

5300CC

1960年代前半のモデルは、ローライダーと呼ばれるカスタムのベース車として日本、アメリカで人気が高いものです。


becolors HPの方には、『 Mustang Shelby Cobra 』 『 AC Cobra 』 『 Miura 』 
などの特集も掲載しております  ご興味のある方は、是非ご覧になって下さい 
  ロゴをクリック頂けましたら、上記車両にアクセスできます。

また、先日来お伝え致しております、国内で現車確認をして頂ける 『 C1 』 の 
詳細・多数映像を 『 becolors HP 』 内にアップしてありますので、是非ご覧ください 
                   クリック して下さい!!直接ページにアクセスして頂けます。


 こちらの車両に関しましては、お手元にお届けするまでの流れが、HPでご案内の海外ストックとは異なります。
     車両ストック場所は、東京都となります。C1ファンの方からのご連絡をお待ち致しております。
     なお、詳細につきましては、メールにてお尋ね頂けますよう、宜しくお願い致します
。    


また、『 Austin-Healey sprite Mark II 1962  』 につきましても、
詳細・その他映像は、becolors HP  にアップしてありますので、是非ご覧ください 
上記をクリックして頂きますと、 becolors HP 内の、国内在庫のページに直接アクセスできま~す 


こちらでご紹介している車両以外に、数多くのコレクターカーやビンテージカーを
『 becolors HP 』 『 becolors Automobile 』 にてご紹介しておりますので
是非、そちらものぞいてみて下さい。

becolors ブログにご興味を持って頂きましたら、是非 クリックをお願い致しま~~す

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


   
2010.08.22 / Top↑
こんにちは !! 

今日は、昨日前書きがとても長くなってしましましたので、早速車両紹介に参ります 

本日ご紹介車両は、『 CHEVROLET CORVETTE 1962 』 です 

『 C1 』 の 最終モデル となります。

GMのデザイン部門の初代副社長を後に務めることになる、もともとスポーツカー好きだったハーリー・アールが
第二次大戦後の自動車競技における英国製・ヨーロッパ製スポーツカー(大戦後、アメリカ軍軍人たちが
祖国に持ち帰ったMG、ジャガー、アルファ・ロメオなど)に感化され、GMはスポーツカーを製造する必要がある!!
と決意したことが、「 コルベット 」 の誕生につながることとなりました。
ヨーロッパのスポーツカーは高額で、GMは純アメリカン・メイド、しかも量産可能なスポーツカーの開発を狙ったのです。
コンセプトは、「 所有することに喜びを感じることができる2シーターのスタイリッシュなスポーツカー 」

また、「 コルベット 」 というネーミングは、第二次世界大戦に活躍した戦闘艦艇に因んだものだそうです。

CHEVROLET-CORVETTE-1962-15.jpg

ヘッドライトが露出したスタイルをもつ、初代コルベット(C1)の最終型は1962年型
以後のモデルは、リトラクタブル・ヘッドライトを歴代採用しています。

CHEVROLET-CORVETTE-1962-12.jpg

4速マニュアル
黒幌&白ハードトップ

CHEVROLET-CORVETTE-1962-14.jpg

1961年モデルの最も大きな変貌は、リアエンドの造形が、後のスティングレイと同じデザインになったことです。 また、ラジエーターグリルがデザイン変更を受け、4灯式ヘッドライトのトリムはそれまでのクローム・メッキから
ボディと同色のものになりました。
ちなみに、当時の人気TVドラマ「ルート66」に登場するのはこのモデルです。

CHEVROLET-CORVETTE-1962-13.jpg

エンジン、トランスミッションは、5,000マイル前にリビルト済み
新ブレーキ/走行状態良好

CHEVROLET-CORVETTE-1962-11.jpg

327 エンジン
340 HP

なお、最終モデルでは排気量は5369ccまで拡大し、ベースモデルで最高出力250ps/4400rpm最大トルク39.0kg-m/2800rpm
オプションとしてキャブレター仕様は300psと340ps、インジェクション仕様は360psの3機種を設定
との資料がありました 


becolors HPの方には、『 Mustang Shelby Cobra 』 『 AC Cobra 』 『 Miura 』 
などの特集も掲載しております  ご興味のある方は、是非ご覧になって下さい 
  ロゴをクリック頂けましたら、上記車両にアクセスできます。

また、先日来お伝え致しております、国内で現車確認をして頂ける 『 C1 』 の 
詳細・多数映像を 『 becolors HP 』 内にアップしてありますので、是非ご覧ください 
                   クリック して下さい!!直接ページにアクセスして頂けます。


 こちらの車両に関しましては、お手元にお届けするまでの流れが、HPでご案内の海外ストックとは異なります。
     車両ストック場所は、東京都となります。C1ファンの方からのご連絡をお待ち致しております。
     なお、詳細につきましては、メールにてお尋ね頂けますよう、宜しくお願い致します
。    



こちらでご紹介している車両以外に、数多くのコレクターカーやビンテージカーを
『 becolors HP 』 『 becolors Automobile 』 にてご紹介しておりますので
是非、そちらものぞいてみて下さい。

becolors ブログにご興味を持って頂きましたら、是非 クリックをお願い致しま~~す

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


   
2010.08.16 / Top↑
こんにちは !! 

窓の外では、蝉がにぎやかに鳴いています 
ベランダにとまると、もうやかましいほどの大きな声で、暑さ倍増  で、参ります 

食欲もだんだん落ちてきた昨晩、つけ麺を食べたのですが、その麺と付け汁の中に酒粕??が入っていたため
しっかりダウンしてしましました  情けないことに、私は、お酒が全く飲めないのです 
体質とはいえ、本当に参りました。 
ただ、外食ではなかったことだけが救いでした 


さて、本日は、becolors HP でも 『 C1 』 を、国内在庫としてご紹介しておりますが、
本日は、その3代目となる通称 『 コークボトル 』 と呼ばれるボディラインを持つ 『 C3 』 のご紹介です !!

大胆に膨らんだ前後フェンダーとくびれたように見えるボディ中央部が コーラ のビンを連想させたことから
『 コークボトル 』 と名づけられました 

では、早速、その見事なボディーから 

 『 CHEVROLET CORVETTE STINGRAY 』

1

1969年の車両です。
独特なスタイルと、バリエーションにコンバーチブルと量産車初のTバールーフのタルガトップを採用しながらも、
シャシーやサスペンションは基本的にC2型のそれを引き継いでいます。

4

4速マニュアル

3

この1969年モデルには、427 BIG BLOCK が搭載されています

2


becolors HPの方に、『 Mustang Shelby Cobra 』 『 AC Cobra 』 『 Miura 』 
などの特集も掲載しております  ご興味のある方は、是非ご覧になって下さい 
  ロゴをクリック頂けましたら、上記車両にアクセスできます。

また、先日来お伝え致しております、国内で現車確認をして頂ける 『 C1 』 の 
詳細・多数映像を 『 becolors HP 』 内にアップしてありますので、是非ご覧ください 
                   クリック して下さい!!直接ページにアクセスして頂けます。


 こちらの車両に関しましては、お手元にお届けするまでの流れが、HPでご案内の海外ストックとは異なります。
     車両ストック場所は、東京都となります。C1ファンの方からのご連絡をお待ち致しております。
     なお、詳細につきましては、メールにてお尋ね頂けますよう、宜しくお願い致します
。    



こちらでご紹介している車両以外に、数多くのコレクターカーやビンテージカーを
『 becolors HP 』 『 becolors Automobile 』 にてご紹介しておりますので
是非、そちらものぞいてみて下さい。

becolors ブログにご興味を持って頂きましたら、是非 クリックをお願い致しま~~す

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


   
2010.08.02 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。